<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

学ぶ

7月も3分の1過ぎたのに・・・6月の話(°д°)

4ヶ月に1度、沼津市立病院の講堂で外科(乳がん)の木村先生から
患者を対象に1時間ほど現在のがん治療の話を聞く会があります。
今回は、気軽な座談会に近い勉強会でした。

日本は海外に比べてがん検診の浸透率は低い
日本のがんによる死亡率も上向きになってしまっているが
海外の死亡率の3分の1だという。
喜んで良いのか?悪いのか?ちょっと複雑です。
現在 がんの部位の順序は
男性 1位 胃    2位 肺   3位 大腸
女性 1位 乳がん  2位 大腸  3位 胃  と、なっています。

その中でも、乳がんは5~10%が遺伝性とデーターが出ているそうです。
あのアンジェリーナジョリーが公表したことでも知られていますね。
現在 遺伝子検査をするにあたっては、人生の結末(パンドラの箱)を
わざわざ開けない方が良いのでは?という意見が出ているそうです
今後の課題にもなっているようです。
治療についても、10年前の治療と現在の治療の違いを教えて頂きました。
聞いていた患者達の笑顔・苦笑いと…良い感じの勉強会でした。
今回、先生に質疑応答が気軽に出来、患者との距離がとても良い感じで縮まり
信頼関係ができたような気がしました。
主治医が患者の声をちゃんと聞いてくれる。
この事が患者に安心を与え、治療にもプラスになるのでは?と実感しました。

良いタイミングがもう1つ有りました。

わたしのがんnetというNPO法人の団体の中に
がん患者に限らず、医師や医療従事者・患者家族が色々なテーマについて話し合える
がんcafeがあります。
そのcafeにお邪魔してきました。
総括的には、とても勉強になりました。
個人の意見としては都会と地方の温度差が感じられました。
東京・名古屋・大阪という中央には数多くの総合病院が存在している事
(競争は激しいでしょうが)
中央では選択肢が何種類も考えれる。
素晴らしいことであり、基本だと思う
セカンドオピニオンをお願いし治療をした後
地元に帰り、地元の病院へわだかまりなく受診できるのか?という
不安が取り巻いてしまう。
また、中央へ来て受診・治療とできるのは経済的にも余裕があるからでは?と
不満が募る
まだまだ医療の田舎気質は抜けていない
タイミングが合えば大学病院にも繋がる利点は地方では少ない
これは行政の問題かも知れないと感じた。

より良い患者のQOLを考えるのなら
患者会や同じ思いを持つ仲間(病友)との関係だと思う
治療闘病中の不安や辛い気持ちを解り合い、分かち合い、話し合える事
共に病気と闘い、共に歩む事(焦らず一歩一歩)
そして、生きがいを見つけて行く事が大事だと感じた。

自分が何故?という不安に取り憑かれ、真っ黒な孤独の中に放り込まれた時
1人じゃないよ。側にいるよ。と、手を差し伸べてくれる仲間がいるイベント
各都道府県で行われているRFLの事も認識して欲しい。
私もRFLに参加して笑顔になった一人だから…。

医療医学は日々進化しています。
患者にとってがんとは・・・
医師にとって患者とは・・・
治すのか?治したいのか?・・・

今は2人に1人はがんになる時代・・・
がん医療・治療のあり方をもっと学ばなければいけないと思い始めた6月でした


b0147522_19050908.jpg

by mame-mamechan | 2015-07-09 19:05 | その他

5年越しの願い

先月の半ば、やっと私の5年越しの願いが…叶った
四国八十八か所 お遍路参りが出来ました

阿波の国 23ヶ寺
土佐の国 16ヶ寺
伊予の国 26ヶ寺
讃岐の国 23ヶ寺
そして高野山


b0147522_18373044.jpg




私が病気になって、入院中 誰にも頼れずにいた日々
心をかけ、手を差し伸べてくれた先輩方がいた
その先輩達は卒業されてしまい、何もできなかった思いが…心に残っていた

また、病と共に歩もうと決めた時、
心の支えが欲しくてお遍路に行きたい!!と、強く思うようになった
家族が応援してくれ「無理をしない!」
この約束を守る様に言い渡され、念願のお遍路に出かける事が出来た

一番札所 霊山寺


b0147522_18423261.jpg



四十五番札所 岩屋寺


b0147522_18424353.jpg


八十八番札所 大窪寺

b0147522_18425389.jpg


高野山 奥の院 


b0147522_18431290.jpg


そして、結願証明書


b0147522_18432328.jpg


5年の間 体調不良や入院と…アクシデントに見舞われてばかりでした
もう四国お遍路は、諦めなければならないかもと思う時がありました
でも、お遍路で一緒になり、仲良くさせて頂いた方々に
「何年かかっても良いのですよ」と教えていただいて、嬉しかった

1年目 阿波の国と土佐の国
2年目 断念
3年目 断念
4年目 断念
5年目 再度、四国八十八か所と高野山(1番札所からやり直した)

空にいる父母に届いたでしょうか?
友人達に届いたでしょうか?
先輩達に届いたでしょうか?

見守ってくれていた家族に感謝
出会ってくれた皆さんに感謝

まだまだ心に刺が出てしまう事もあるけれど、
心穏やかに焦らず、ゆっくり…
一歩一歩 自分の道を歩こうと思います






by mame-mamechan | 2015-07-03 21:47 | その他