心配。そして・・・感謝

原因不明の浮腫が娘の両手両足におきた・・・
本人はいたって元気なのにね(^^ゞ

個人総合病院へ受診
「ここでは対応が出来ないので、もっと大きな病院へ行った方が良いでしょう。
でも、様子を見てからでもいいと思います。」
心配でパソコンを使って色々と調べる
余計な情報がありすぎて・・・心配の種は尽きない(-_-;)
ブログや同じ症状で検索!
同じ症状で治療した方が見つかった。
病院も判った。
以前、息子達が通院した事がある病院だった。

翌朝、直ぐに病院へ電話相談。
親切な対応の後、病院に向かった。
総合診療科に受診。
不安を持ちながら待っている新患に気遣い、声を掛ける受付のクラークや看護士。
この声掛けが絶妙なタイミング。
先生は若いが、患者へ細かく質問し患者の話を良く聞いている。
患者と同じ目線で対応してくれている。
付き添っている私にも分かりやすく説明をし、質問をしてくる。
考えられる病状に対しての検査を全てオーダー。
心も身体もコチコチになっている患者や家族はちょっと安心する対応。
自分の病気に対しては、きちんと方向を見極めているのに・・・
ずうずうしいほど肝が据わっているのに・・・ダメな母だね(^_^;)
「検査結果と治療方針は来週決めましょう」
「何かあれば直ぐにお電話下さい。対応します」と先生が優しく対応。
何から何まで優しかった。
帰宅後、お父ちゃまに報告。
ちょっと自己嫌悪
もっと早く対応してあげれば良かったと後悔
いつも私のことを気にかけてくれる娘なのに・・・ゴメンネ

それから2日後の夕方
娘の両手両足にびっくりするほどの症状が出てしまった。
病院へ電話。
「対応できる医師が不在。移動距離や時間を考えると近くの病院へ」と言う指示。
直ぐにかかりつけ医に電話。
急を要する症状だった為、救急で受診
翌朝、市立総合病院へ紹介
「学会レベルの症状です。」
「この病院で2例目の患者さんです」
「先月、私の担当した患者さんは完治しました。大丈夫です。」
「早速、治療を始めましょう」
え?うん?なに?
話が早すぎて、頭が整理できずにいる~。
それと、前日に受診した病院にはどうするの?
もはやパニック!!
「え~い!!正直に話そう」
直ぐに電話
診察してくれた医師が直接電話に出て、対応してくれた
まず、当日対応できなかった事を先生自ら娘に対してお詫びの言葉を言ってくれた
かかりつけの医師の対応の早さを褒めてくれた
治療を始めてくれた市立病院の先生方に対して、「良かった」と安心し喜んでくれた

病名 好酸球の異常増加及び反応による浮腫
治療 ステロイド薬プレドニンを使用
    1日6錠投与
最近、20~30代の女性に現れる症状
やっと色んな事が判り、治療も始まって本当に良かった♪
病院の対応も良く、先生方の機転が早かった
そして、1番に患者のことを考えて各病院の先生方が、気持ち良く対応してくれた事が嬉しかった
各病院・各先生・各スタッフの配慮に感謝です。

by mame-mamechan | 2012-11-10 19:00 | その他