心のつぶやき

スギなんて嫌いだ~!花粉症が凄いんだから!
寒いのも嫌いよ~!すぐに風邪ひいちゃうから!
小さい呟きでごめんなさいm(__)m

先月、凹んじゃったのね。私!
お節介な私。
お人好しな私(自分で言う?)
そんな性格が悪かったかな?
でも、人に「困った」と、言われるとついつい…ネ。
ほっとけなくて。
話し合って動き始めたら、突然と他の人から攻撃を受けちゃった。
いじめに近いくらい…(TT)
個人攻撃。機関銃みたいに言葉で傷つけられちゃった。
久しぶりに泣いたね~。私に対しての人格否定みたいに言われちゃって。
家族からは
「また傷ついて…。だから関わらないほうが良いのに。」と怒られちゃった。
友人達もずっと側にいてくれ、慰めてくれた。
落ち込んで、泣いて、凹んで、地の底深く沈んじゃった。

「マメさん、もうほっとけば良いのに。関わらないで、個々に何とかするわよ。」
…聞こえちゃった。
「じゃあ!なんで私を引っ張り出したの~!!」と、叫びたい事も飲み込んじゃった私。
人って難しいね。
自分が出来ることをしていたつもりがおごっていたのかも。
反省ですね。

家族や友人達に支えられて少し立ち直れたけれど…まだある場所と人が怖い。

お遍路を歩いていた時に教えられた事
「人生の勉強は辛いほうが良い。貴女が優しくなれるから」
深呼吸して、この言葉を胸に受け止めた。
きっと明日は良い日が来ると信じて、笑顔を忘れないでいよう。
そう思ったら落ち着いた。

心のつぶやき、でした!


b0147522_16311907.jpg

# by mame-mamechan | 2016-03-15 16:42 | その他

私は厄年

かなり遅いご挨拶。
明けましておめでとうございます。

昨年、市の検診で大腸検査をした結果
初期で生まれたてのがんが見つかりました。(内視鏡とレーザーで治療出来ました)
ラッキーなのか?アンラッキーなのかは…
長年サバイバーとして「前を向こう。一緒にがんと歩こう。友がいる。」と、自分に言い聞かせてきたのに…。
今までは、負けず嫌いな性格が後押している様で何とか越える事が出来ていた…かも。
受け止めるのに時間がかかり、段々と凹んでくる自分が情けなく、落ち込みました。
下腹部のツッパリ・腸の動きが微妙でトイレが心配になる・腰の痛みが出てきた。
身体がついてこない!動かない!痛みに弱くなった!
歳を感じながら2015年は過ぎていく~~(笑)

新年 良い1年であります様に~✩~✩
今年は暖かくて良いお正月でした。
富知六所浅間神社に初詣♪ おみくじ 小吉  年齢 前厄~!!(°д°)
豆まきの日のお払いに来なくっちゃ(^^)

忙しい3が日が過ぎた頃から体調不良に襲われる。
胸が痛い!背中が痛い!
気のせいだ。気のせいだ!と、ごまかしながら病院が始まるのを待っていた。
肋間神経痛と診断。温かくして安静にといわれ休日に入る。
痛い!寝れない!
休日明けを待って、通院。
主治医がお休み!でも、連携治療ができるので若いDRが診察。
血液検査。心電図にCT。検査てんこ盛り(笑)
「後、心配なのは不整脈と大動脈です。造影剤を使って検査します」と、DR(可愛い感じ)
返事もそこそこで検査に入る。
造影剤投入。
あれれ?? 口の中が痒い!喉が痒くてピリピリする!全身真っ赤!!
「アナフィラキシー症状だ~!」「ショック状態にならない様に点滴全開。心電図つけて!」DR叫ぶ!
本人はゆったり構えているのに・・・周りがドタバタ。
その日は夜9時まで点滴観察。
一応、診断は期外収縮と気管支の周りのリンパ節が腫れている為、胸が圧迫されていた。
気管支が炎症を起こしているそうです。

やっぱり厄年だわ~!!
今年も上手に自分の体とお付き合いをしなきゃいけない年ですね。

どうぞ今年もよろしくお願いしますm(__)m

b0147522_10461516.jpg
2016.1.1 初日の出

# by mame-mamechan | 2016-01-13 10:56

考えさせられてしまった

最近、知人の事で考えさせられた事があったので…
私がつぶやいてしまいました。

正直者であっても、常識者であっても、状況だけで!嘘つき者や
ルールを全く無視している者の方の意見が通る。
もっと悪く言えば、
ゴネてコロコロと意見を変えて、常識をねじ曲げてしまえば、まかり通る。
法の元に置いても、この嘘つきが許されてしまい、判決が下されることを知りました。
私は、知り合いの味方をするわけではありません。
警察の所見・事故当日の証拠写真・検証の証拠の数々から立件されているのに・・・。
弁護士・立ち会っている調停員・裁判官が揃って、知人の話が真実だと認識したのに。
判決は嘘で固めた相手側に有利になってしまった。
どこに公平なことがあるのか?信じられない気持ちでいっぱいです。

相手が言うことを極論的に書くと
一旦停止をした気はしているけれど、動いちゃった。
それで事故になったのは仕方がない事だから、自分は悪くない。
いつもは通らないけれど、急いでいたから人の家の敷地を通った(道路だと思った)
その時に、車にぶつけてしまったのは自分が悪いわけじゃない。

なんだか変ですね~。

勝手に人の家の敷地に入り、車で通り抜けようとした。
その時、自宅に帰ってきた知人の車とぶつかって…
自分は悪くない!と主張し、調停をおこす!!
ぶつかってから知人に気が付いたという事は、どういうことなのでしょう??
(後日談 スマホを見ていたようです。でも、証拠提示がない為、意見のみ)

相手のコロコロと変わる嘘の証言で、知人は自宅に帰ってきたのにも関わらず、
事故過失が7割だと言う判決になってしまった(°д°)!
自分の家の敷地内で自分が悪い!
どんな証拠より車の接触位置で判定されてしまったようです。
(信号で止まるのが嫌で、人の敷地内を車で無断で通り抜けた事は意味がないみたい)
知人の保険屋さんも弁護士も・・・ため息。

事故は被害者も加害者もとても嫌な出来事です。
また、接触事故の大半は双方の不注意から起きています。
自宅に帰宅した知人が悪く、通り抜けされた相手に過失がない~??
どこまで行っても矛盾だらけで考えさせられることでした。

正直者が損をする。嘘つきが常識ではいけないと思います。
相手の方はほくそ笑んでいるでしょうが、いつか天罰が下ると私は思っています。

知人は人が良いので「仕方がないね」と、言っていました。
どことなく悲しそうな顔をしている知人を励ます事しかできない私ですが、
美味しく楽しいランチに誘ってあげたいと思います。

知人の保険会社さんと弁護士さんが判定に納得していないようです・・・(^^ゞ

b0147522_15203859.jpg

# by mame-mamechan | 2015-10-29 15:36 | その他

15年目の私

なんだか今年の夏は、ざわめく。
火山噴火・長雨や台風による災害が目立つ。

今から15年前に、憎き!!がんが私の両方の胸と子宮頸部に同時に現れた。
苦しくて辛くて、暗闇を彷徨っている様な時もありました。
でも、自分なりにがんと共に歩こうと思える様になりました。

蒸し暑いある日、市からがん検診のお知らせが来たのです。
8月のはじめからずっと…腹痛に悩まされていた。
運転中に息が苦しくなるほど胃が痛くなって路肩に車を止め、
このままどうにかなるのでは?と震えながら痛みが鎮まるのを待ち、
なんとか帰宅した時もありました。
心臓?なんなのよ~!!
すぐに診察の予約を取り、がん検診を受けました。
2週間位してから、大腸検査(潜血便検査)で疑いあり。
精密検査の話を主治医から聞きました。
周りのリンパも腫れているし、炎症反応もある。
グレーかも…という言葉が耳を通過していく。
主治医が「早く検査をしましょう」と…。
ベテランがん患者が凹んじゃった。

そんな時、FBに芦屋のRFLのことが書かれていました。
実は私「1ヶ所は違った場所のRFLに参加しよう」と、目標にしていました。
「富士山を見て、RFLに参加したら元気になれる」と信じているからです。
芦屋に日帰りの弾丸参加してきちゃいました。
RFL芦屋に参加されている皆さん。
そして、がんでもいいじゃんチームの皆さんには優しく迎えて頂き、
温かいハグで笑顔・元気パワーを充電して来れました。

b0147522_00270892.jpg

帰宅後すぐに検査。
前日から下剤・当日も下剤。そして2時間かけてのムーベンを飲む。
耐えられないほどの痛みでトイレに篭城状態。
2箇所ほど糜爛(潰瘍になりそう)場所を採取し、生検へ。
主治医が「潰瘍部はがんに移行しやすいです。5分5分ですね」
う~~ん!!元気にならなくっちゃ!
そうだRFLに行こう(^^ゞ

b0147522_00381023.jpg

静岡県立大学RFLに静岡県がん患者会「一歩一歩の会」の仲間に支えられて参加。
ここでも、がんでもいいじゃんの方々ともご一緒させて頂きました。
(地元と全国という2つのチームと繋がって貰えている私は幸せ者です)

精密検査を受けている間、FB・MIXI・LINEやメールで多くの方々に
励まして頂きました。感謝です。

ガン治療で入院中にテレビで知った筑波のRFL
お友達と約束していたのに緊急入院で行けなかった芦屋RFL
繋がった方の尽力で初めて参加できた新横浜RFL
(ここで、がんでもいいじゃんの皆さんと繋がって頂きました)
新横浜で、テレビで見かけた三浦さんに握手してもらったのが忘れられません。

b0147522_00140074.jpg

b0147522_00135076.jpg


そして地元にがん患者会が出来、生きがいを持つようになりました。
前を向いて一歩一歩、歩く事が出来るようになりました。
自分に出来る事を見つけようと思い始めたのに…。またここに留まってしまうのかな~。

大丈夫♪きっと大丈夫!
繋がっているこの空の下で仲間が思いをつないで歩いてくれている
ひとりじゃないから。
一緒に歩く仲間がいるから。
顔晴れる~(^^)


b0147522_00484145.jpg

15年目の私、笑顔で歩くぞ~\(^^)/

# by mame-mamechan | 2015-09-20 01:02 | その他

学ぶ

7月も3分の1過ぎたのに・・・6月の話(°д°)

4ヶ月に1度、沼津市立病院の講堂で外科(乳がん)の木村先生から
患者を対象に1時間ほど現在のがん治療の話を聞く会があります。
今回は、気軽な座談会に近い勉強会でした。

日本は海外に比べてがん検診の浸透率は低い
日本のがんによる死亡率も上向きになってしまっているが
海外の死亡率の3分の1だという。
喜んで良いのか?悪いのか?ちょっと複雑です。
現在 がんの部位の順序は
男性 1位 胃    2位 肺   3位 大腸
女性 1位 乳がん  2位 大腸  3位 胃  と、なっています。

その中でも、乳がんは5~10%が遺伝性とデーターが出ているそうです。
あのアンジェリーナジョリーが公表したことでも知られていますね。
現在 遺伝子検査をするにあたっては、人生の結末(パンドラの箱)を
わざわざ開けない方が良いのでは?という意見が出ているそうです
今後の課題にもなっているようです。
治療についても、10年前の治療と現在の治療の違いを教えて頂きました。
聞いていた患者達の笑顔・苦笑いと…良い感じの勉強会でした。
今回、先生に質疑応答が気軽に出来、患者との距離がとても良い感じで縮まり
信頼関係ができたような気がしました。
主治医が患者の声をちゃんと聞いてくれる。
この事が患者に安心を与え、治療にもプラスになるのでは?と実感しました。

良いタイミングがもう1つ有りました。

わたしのがんnetというNPO法人の団体の中に
がん患者に限らず、医師や医療従事者・患者家族が色々なテーマについて話し合える
がんcafeがあります。
そのcafeにお邪魔してきました。
総括的には、とても勉強になりました。
個人の意見としては都会と地方の温度差が感じられました。
東京・名古屋・大阪という中央には数多くの総合病院が存在している事
(競争は激しいでしょうが)
中央では選択肢が何種類も考えれる。
素晴らしいことであり、基本だと思う
セカンドオピニオンをお願いし治療をした後
地元に帰り、地元の病院へわだかまりなく受診できるのか?という
不安が取り巻いてしまう。
また、中央へ来て受診・治療とできるのは経済的にも余裕があるからでは?と
不満が募る
まだまだ医療の田舎気質は抜けていない
タイミングが合えば大学病院にも繋がる利点は地方では少ない
これは行政の問題かも知れないと感じた。

より良い患者のQOLを考えるのなら
患者会や同じ思いを持つ仲間(病友)との関係だと思う
治療闘病中の不安や辛い気持ちを解り合い、分かち合い、話し合える事
共に病気と闘い、共に歩む事(焦らず一歩一歩)
そして、生きがいを見つけて行く事が大事だと感じた。

自分が何故?という不安に取り憑かれ、真っ黒な孤独の中に放り込まれた時
1人じゃないよ。側にいるよ。と、手を差し伸べてくれる仲間がいるイベント
各都道府県で行われているRFLの事も認識して欲しい。
私もRFLに参加して笑顔になった一人だから…。

医療医学は日々進化しています。
患者にとってがんとは・・・
医師にとって患者とは・・・
治すのか?治したいのか?・・・

今は2人に1人はがんになる時代・・・
がん医療・治療のあり方をもっと学ばなければいけないと思い始めた6月でした


b0147522_19050908.jpg

# by mame-mamechan | 2015-07-09 19:05 | その他